SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD

オーバーヘッドフォン

スーパー日本橋ワールド

2

お気に入りの1点を探しに行こう!
オーバーヘッドフォンの世界

こんかいのあんないにん

▶ 日本橋1ばん館
福山 樹哉
フクヤマ タツヤ

▶ 趣味・特技
車 テニス
オーディオ鑑賞

▶ 自己紹介
気軽にはじめたアルバイトからどっぷりハマって約30年。
自室のオーディオで、好きな音楽を聞くのが至福の喜び。

お気に入りの1点を探しに行こう!オーバーヘッドフォンの世界

シンとでんでん

―― 最近街でかわいいヘッドフォンをつけてる女子をよく見かけます。いいなぁ…私もヘッドフォン欲しい!しかし家電忍者としては生半可なヘッドフォンを使うわけにはいかないということで、今日はペットのでんでんと一緒に、オーディオ一筋30年!ジョーシン日本橋1ばん館で最もオーディオに詳しい男、日本橋1ばん館主任の福山さんにおすすめのヘッドフォンを教えてもらいにやってきました。これは間違いないでしょう!

ヘッドフォンのひみつ


―― とは言ったものの、オーディオのオの字も知らないんですが、ヘッドフォンの良し悪しってどこにあるんでしょう?

福山樹哉さん スピーカーシステムの場合、高い音、中くらいの音、低い音を、「ツイーター」「スコーカー」「ウーファー」といった、それぞれの音域が得意な別々のスピーカーを使って再生しています。それを最適な配置で聴くことで、やっと本来の音の広がりや音色を再現しているんです。ヘッドフォンの場合は、それを耳のすぐそばの、ユニットと呼ばれる音を出す装置ひとつで再現しているんです。ひとつのユニットですべての音を再現するのはとても難しいことなんですが、それをどういう技術で解決しているかというのが、各ブランドの腕の見せ所になります。

―― たしかにそう言われてみると、高音質ヘッドフォンってどうやって音質を再現してるんでしょう…気になります。おすすめヘッドフォン、さっそく紹介してもらいましょう!

ヘッドフォンのひみつ

その1 木の材質で音質の歪みを抑えるオールジャンル機
:audio-technica ATH-W1000Z


福山樹哉さん 最初に紹介するのはaudio-technicaのATH-W1000Z。ヘッドフォンのイヤーカップの外側のことをハウジングというんですが、ATH-W1000Zの1番の特徴は、ハウジングが天然木で出来ているというところです。

―― 見た目がとってもきれいですね。木製のヘッドフォン??って思いましたが、考えてみると楽器もスピーカーも木製のものが多いですね。

福山樹哉さん 音の広がりや音質、力強さ、ヘッドフォンの難しい部分を、ATH-W1000Zは、振動板を動かすボイスコイルという部分の素材を工夫することで解決しています。99.99999%不純物がない7N素材(nineが7つ)を使って、伸びやかでダイナミックレンジの広い音を実現させています。ただ、それによって多少音色にキツさが出てくる。それを木製のハウジングの柔らかな響きでバランスをとっているんです。

でんでん 確かに、力感を保ちつつ奥行きのある音にが再現されておる。クッと締まった低域と広がりすぎない伸びやかな高域が印象的じゃ。

―― …ちょっと感想は私が言いますので、でんでんさんは静かにしていてください。

その1 木の材質で音質の歪みを抑えるオールジャンル機:audio-technica ATH-W1000Z

その2 低価格帯で唯一ステージ感を実現!観劇の国で育った細やかな音質
:AKG Q701


福山樹哉さん 次に紹介するのはオーストリアのブランド、AKG Q701です。特徴は、リーズナブルなエントリーモデルにもかかわらずしっかりとステージ感を出せているというところ。私の知る限りステージ感が出せているヘッドフォンの中で一番リーズナブルなものだと思います。

―― ステージ感というのはどんなものなんでしょう?

福山樹哉さん 例えば、ジャズだとボーカルの後ろにドラムとピアノ、横にダブルベース…と各パートがステージ上で演奏します。それを意識して録音された音を、ステージ感があるヘッドフォンで再生すれば、目の前にその配置が広がって見えるものなんです。

でんでん シンが勉強不足で申し訳ない。

―― …でんでんさん?あんたペットだよね?でんでん?

福山樹哉さん オーストリアのウイーンは演奏などが有名で365日観劇が楽しめる街、オーストリアの性格が音色によく出ていて、弦やピアノが特にきれいに再現できます。ボーカルもサ行パ行が混濁にならずきめ細かく出て、長く聴いても聴き疲れしません。これは、ユニットの奥のダイヤフラムという部分が二重になってるところに秘密があって、ひとつのユニットで広い音域を再生するヘッドフォンの雑味を消しています。

その2 低価格帯で唯一ステージ感を実現!観劇の国で育った細やかな音質:AKG Q701

その3 モンスターエンジンで力強い低域!専用ケーブルでランクアップ
:beyerdynamic T1 2nd Generation


福山樹哉さん 3つ目に紹介するのは、beyerdynamic T1 2nd Generation、ドイツのメーカーです。特徴は、10000ガウス(=1テスラ)のモンスターエンジン、テスラテクノロジーと呼ばれる技術です。とにかく中低音のパワーある厚みに魅力があり、ベースライン好きにぜひお勧めしたいモデルです。

―― かっこいいベースの曲大好きです!

福山樹哉さん アメリカメーカー並みにくっきりした音、ステージは大きく前に広がっていくのに、音ひとつひとつに立体感があります。広さと立体感のバランスはすごく難しい調整で、どこのメーカーも苦労しているところなんです。

―― うわぁ、このヘッドフォンすごくいいです!しっかりした立体感ですが、無理やりじゃなく自然な奥行きを感じます。

でんでん それでいて広がりもある。安価なヘッドフォンだと、広がりに力を入れすぎると、立体感がデフォルメされて、リアリティのない音になってしまうものなんじゃ

―― ……そうっすか…なるほど。

福山樹哉さん さらにバランス対応ケーブルという、左右プラスマイナスをしっかり独立させたケーブルが使用できて、腰高の音がぐっと沈んで全体像がはっきりした、ワンランク上の音が楽しめます。

その3 モンスターエンジンで力強い低域!専用ケーブルでランクアップ:beyerdynamic T1 2nd Generation

その4 ステージ感と立体感をやわらかに両立 クラシック向けコンデンサヘッドフォン
:STAX SRS-4170


福山樹哉さん 4つ目はSTAX SRS-4170、日本のメーカーです。SRS-4170はこれまで紹介したダイナミック型ヘッドフォンと違い、コンデンサ型ヘッドフォンです。

―― 四角くて不思議な形をしています。

福山樹哉さん 振動膜と呼ばれるとても薄い膜に静電気を発生させて、固定板に流れる電極のプラスマイナスの変化で振動させる仕組みで、ダイナミック型のような音を出すためのユニットは内蔵していません。

―― どんな音になるんですか?

福山樹哉さん 難しい立体感とステージ感の両立を、コンデンサ型ならではの柔らかさで実現しています。自然な広がりがありつつ瞬発性もある。圧倒的にクラシック向けの音になります。SRS-4170では、ぜひモーツァルトやハイドンを聴いてもらいたいですね。今回の中では一番聴き疲れしないヘッドフォンだと思います。ステージが大きいものが得意なのでフルオーケストラも最高だと思います。

―― SRS-4170は、ヘッドフォンアンプとセットのモデルになるんですね。

福山樹哉さん このアンプで、常に振動膜に電圧をかけ続けている必要があるんです。準備運動のようなウォーミングアップになっていて、瞬発力につながっています。

その4 ステージ感と立体感をやわらかに両立 クラシック向けコンデンサヘッドフォン:STAX SRS-4170

その5 比類なき高品質 真のオールジャンル機
:SENNHEISER HD800S


福山樹哉さん 最後に紹介のするのは、SENNHEISER HD800S、ドイツメーカーです。ここは外せないでしょう。先ほどから何度かお話ししてる、ステージの広さと音の立体感、特に奥行き感、どこを取っても、非常に高品質に作られています。

―― 音色の特徴はどんなところになるんでしょうか?

福山樹哉さん 各パートの実在感が悪目立ちせず、しっかりステージの上に楽器を置いていく。そういったスピーカーに近い音を目指して作られています。また、マスキングといって、低域が主張しすぎることで高域が霞んでしまう現象があるんですが、これを除去する特許技術が大変優れています。

―― さすがヘッドフォンの王様!

福山樹哉さん ただ、3つ目に紹介したT1 2nd GenerationやHD800Sのようなヘッドフォンは、それにあったパワーのあるアンプを使わないと、本当の良さが引き出せません。これは大量の荷物を運ぶ器を用意しても、それを運んでいく人にパワーがないとうまく機能しない状況に似ています。いいヘッドフォンアンプと組みわせて、特性を引き出して聴いてもらう設計になっています。

でんでん シンにはまだ早いということじゃな。

その5 比類なき高品質 真のオールジャンル機:SENNHEISER HD800S

敷居は低いけど深い世界 おいでよ日本橋1ばん館


福山樹哉さん 堅苦しく考えず気軽にのぞいてみてください。ビギナーからマニアまでゆっくり見てもらえるお店作りをしています。頻繁に声をかけることもないですし、必要な時は何でも聞いてもらえます。それにどこのジョーシンでもアフターサービスが受けられるので買った後も安心ですよ。

でんでん 出掛ける時はヘッドフォンマニアのわしも一緒に連れて行くんじゃぞ。

―― 福山さんに聞くんで大丈夫です。それにあんた耳の位置が人間と違ってちゃんと聴こえてないのわかってるんだからね。

でんでん !!!!!

敷居は低いけど深い世界 おいでよ日本橋1ばん館
もっと見る

ニュース

アーカイブス