SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD SUPER NIPPONBASHI WORLD

外出先でも本物の音を!至高のインナーヘッドフォン

スーパー日本橋ワールド

10

外出先でも本物の音を!
至高のインナーヘッドフォン

こんかいのあんないにん

▶ 日本橋1ばん館
福山 樹哉
フクヤマ タツヤ

▶ 趣味・特技
車 テニス
オーディオ鑑賞

▶ 自己紹介
大学卒業後、オーディオの魅力に夢中になって約30年。
今回で二度目の登場となるオーディオのプロフェッショナル。

シンとでんでん

―― 以前紹介した、オーバーヘッドフォンの魅力を知ってすっかり音の世界にハマったシンです! おかげで電車移動中も素敵な音で曲を聴きたくなっちゃった。そこで今回はヘッドフォンに詳しい(!?)でんでんを連れてインナーヘッドフォンを探しに日本橋1ばん館へ! 福山さ〜ん、オススメのインナーヘッドフォン、教えてください!

ダイレクトに耳から脳へ届く!


―― お久しぶりです! さっそくですが、インナーヘッドフォンを選ぶ時、チェックしておきたいことはなんですか?

福山樹哉さん ファッション感覚で選ぶ方もいますが、やはり耳の中に入れて直接脳に響くので、オーバーヘッドフォンよりも音へのこだわりが強くなりますね。オーディオのように空気を震わせて聴くのではなく、もっと直接的な音を聴くことになるため、やはり音作りはとても大切です。

―― 確かに! 脳にダイレクトに伝わるという意味、すごくわかります!

福山樹哉さん そうですよね。まず、インナーヘッドフォンは大きなくくりでいうと、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型(以下、BA型)のふたつに分かれます。ダイナミック型は、スピーカーと同じようなドライバユニットがひとつ入っていて、再生できる音域が広く、低音から高音までバランスよく音を出すことができ、音に厚みが出やすくなります。BA型は、ドライバユニットが小型で、スピーカーに例えると高域用、中域用、低域用と、パートに分かれて入っています。そのため解像度が高く、繊細な音を出すことができるんです。

―― 音楽のジャンルや気分に合わせて使い分けるとよさそう! ではさっそく、おすすめのインナーヘッドフォンを教えてください!

ダイレクトに耳から脳へ届く!

その1 ミュージシャンが大音量のステージで使うほど高性能!
:SHURE SE846(BA型)


福山樹哉さん まず紹介するのはアメリカの代表格、SHUREです。BAドライバーの数は片チャンネルに高域1基、中域1基、低域2基の合計4基が入っています。

―― こんな小さな中に4基も! スケルトンになっていて中身が見える!

福山樹哉さん このインナーヘッドフォンは、ミュージシャンもライブ会場でイヤーモニターとして使っているんです。その理由は、どれだけ大音量の会場の中でも音がクリアに聴こえるから。音に立体感があり、楽器自体が本当に耳元で鳴っているように聴こえるほど、とても生音に近いですね。ドラムやベースといった低音が連続して続くと、音が混濁しがちなんですがSHUREはそれがほとんどありません。さらにもうひとつのこだわりが、3種同梱されているノズルインサートというチューブフィルター型ノズル。ノズルインサートを交換することで、1kHzから8kHzの中で自分好みの音が選べるようになっています。

―― すごいこだわり! ミュージシャンの方が愛用するわけですね。

福山樹哉さん また、一般的なインナーヘッドフォンだとコードを下に垂らしてかけますよね。しかしSHUREはかけ方が変わっていて、コードを耳の後ろにくぐらせるようにしてかけるんです。そうすることで線が動いてもイヤーモニターが外れることはありません。これは“SHUREがけ”とも呼ばれているんですよ。

でんでん わしも“SHUREがけ”がしたい! しかし耳がのぅ…。シンや、代わりにやってみせておくれ。

その1 ミュージシャンが大音量のステージで使うほど高性能!:SHURE SE846(BA型) その1 ミュージシャンが大音量のステージで使うほど高性能!:SHURE SE846(BA型)

その2 まるで管楽器のように明るく華やかな音が耳元に
:final-audio Piano Forte VIII(ダイナミック型)


福山樹哉さん 続いては日本の高級ブランド、final-audioのPiano Forte VIIIです。この製品は、ダイナミック型のなかでもドライバユニットが16mmと一般的なダイナミック型のユニットの倍ほどの大きさがあります。その迫力で奏でつつ、振動するのでホーンスピーカーのように力強くドライブします。

―― それにこれ、すごく変わってますね! こんなイヤフォン、初めて見ました!

福山樹哉さん 真鍮製なんですよ。筐体は一般的にプラスチックや柔らかい素材を使うことが多いんですが、これは職人さんが真鍮からくり抜いてこの形に仕上げています。真鍮は、ホルンなどいわゆる管楽器などに多く使われる素材。まるで楽器そのものが奏でているような、歪みがなく華やかな音が楽しめます。

―― なるほど、やっぱり意味があるんですねぇ。直接真鍮に触れるから、耳に入れるとひんやりする〜。

福山樹哉さん どのヘッドフォンにも必ず付いているイヤーチップがないのもこの製品のこだわりです。イヤーチップはクッションになるんですが、一方で音が歪んだり影響を受けたりする可能性もあります。あえて付けないことで、いい材質を使っているという自信の表れでもあるんです。

でんでん 明るく華やかだなんて、まるでシンみたいなヘッドフォンじゃね。これがいいんでないかい?

その2 まるで管楽器のように明るく華やかな音が耳元に:final-audio Piano Forte VIII(ダイナミック型) その2 まるで管楽器のように明るく華やかな音が耳元に:final-audio Piano Forte VIII(ダイナミック型)

その3 55年以上の歴史を持つインナーヘッドフォンのパイオニア的存在
:Westone W60(BA型)


福山樹哉さん 続いて紹介するのは、55年以上の歴史を誇るアメリカのブランド、WestoneのBA型。長い歴史があるブランドだけに、それだけの技術があり、いろんな経験を生かして作り込んでいるので、誰が聴いても納得のいく音作りができていると感じさせます。立体感、空間感、音の高域、低域も演出でき、そのバランスのよさは老舗ならではでしょう。

―― さすが老舗の貫禄ですね。やはりBA型もほかのものとひと味違うんですか?

福山樹哉さん W60はドライバーユニットを高域、中域、低域それぞれ2基ずつ、計6基搭載しています。音はトータル的にバランスがよく、高域の音も歪まず広がらず、どこまでも伸びていく。これは単に6基使っているからではなく、ひとつずつの音作りにこだわったドライバーが入っているからこそなんです。いつまでも聴いていられる心地よさですよ。

―― 随所にこだわりが光っていますねぇ。

福山樹哉さん 実はまだひとつこだわりがあり、ドライバーを6基も搭載しているのにかなり軽量です。ケーブルも非常に細いんですが、編み込み式のケーブルが使われているためノイズも拾いにくい。外出先で使うと、ケーブルが服やカバンに当たったりしてタッチノイズが混じるんですがこちらはそれがほとんどない。好みのケーブルに替えられる、リケーブルなのも魅力ですね。

でんでん シンはまだビギナーだから、まずは老舗からトライしてみてはどうだ?

その3 55年以上の歴史を持つインナーヘッドフォンのパイオニア的存在:Westone W60(BA型) その3 55年以上の歴史を持つインナーヘッドフォンのパイオニア的存在:Westone W60(BA型) その3 55年以上の歴史を持つインナーヘッドフォンのパイオニア的存在:Westone W60(BA型)

その4 職人がハンドメイドが織りなすセクシーかつまろやかな音
:SENNHEISER IE800(ダイナミック型)


福山樹哉さん 4つ目は、インナーヘッドフォンの最高級ブランド、SENNHEISER。ドイツのブランドなのですが、ドイツやデンマークは職人さんが多く、妥協のないヘッドフォンを作ることができるのがSENNHEISERの強みといえるでしょう。

―― インナーヘッドフォンの最高峰、いったいどんな音が楽しめるのか気になります!

福山樹哉さん ドライバーユニットのサイズは7mmで、ウェットで色気のある感じの音が特長です。また、チャンバーアブソーバーが出力された音の共鳴を相殺するためひずみがなく再生でき、まろやかな音に仕上げます。アコースティックカバーを用いることで、負圧を自然に逃がしてくれるため低音の再生能力も高いですね。これらはすべて、ハンドメイドで作られているんですよ。

でんでん さすが職人が多いお国柄じゃ! デザインもコロンとしていてシン好みじゃのう。

福山樹哉さん やっぱりデザインがかわいいので女性にもとても人気があります。また、ハウジングの素材にセラミックを使用していて、傷が入りにくくて材質は硬いんですが、非常に軽量なのも人気の理由のひとつです。また、ケーブルはケブラー繊維で強化されているのも特長ですね。

―― ケブラー繊維を使っていると何が違うんですか?

福山樹哉さん ケブラー繊維は編み上げの無機質の繊維なのですが、電波の影響を受けにくく、かつタッチノイズが入りにくいですね。

でんでん 活発に動き回るシンに最適じゃね(笑)。

その4 職人がハンドメイドが織りなすセクシーかつまろやかな音:SENNHEISER IE800(ダイナミック型) その4 職人がハンドメイドが織りなすセクシーかつまろやかな音:SENNHEISER IE800(ダイナミック型)

その5 超軽量・超小型タイプのワイヤレスイヤフォン!
:EARIN (BA型)


福山樹哉さん 最後は近頃流行りのBluetoothワイヤレスイヤフォンを紹介しましょう。音にこだわる方は、ワイヤレスよりも有線に関心が行きがちですが、「これならワイヤレスを考えてもいいかな」と思えるほど強力な製品です。

でんでん おやっ! まるで耳栓みたいじゃのう!?

福山樹哉さん よく、カナルという言葉を聞くと思うんですが、カナルとはまさに耳栓という意味なんです。Bluetoothワイヤレスイヤフォンは、ワイヤレスといえども左右はケーブルでつながっていたりしますよね。しかしこちらの製品は、完全なるワイヤレス。BA型の特長のひとつに、ユニット自体が小さいというのがありますが、EARINの本体重量も3.5gしかありません。取れてしまわないように、耳のアダプタも丁寧に作られていて付け心地は抜群です。

―― ひゃー! 耳の中に入っているのを忘れちゃいそう! ところで、こんなに小さいのにバッテリーはどうなっているんですか?

福山樹哉さん 本体だけで3時間の長時間再生が可能です。また、携帯用カプセルで充電すればプラス約2.5〜3時間の再生が可能です。通勤時間が長い方でもしっかり充電して、会社でも携帯用カプセルで充電すれば余裕で楽しめます!

でんでん 一度遊びに行くとなかなか帰ってこないシンにぴったりではないか。

―― でんでんは結局、どれを薦めてるのよ!

その5 超軽量・超小型タイプのワイヤレスイヤフォン!:EARIN (BA型) その5 超軽量・超小型タイプのワイヤレスイヤフォン!:EARIN (BA型) その5 超軽量・超小型タイプのワイヤレスイヤフォン!:EARIN (BA型)

自分のプレーヤーでお好みの曲を聴きながら選ぼう!


福山樹哉さん やはり、それぞれ個性があるので、皆さんどれにしようか悩まれますね。ほとんどの方が1時間近く考えておられます。当店では、すべてのインナーヘッドフォンを視聴できますよ。ご自身のスマートフォンやiPhone、プレーヤーで、いつも聴いている音楽を聴いていただけると音の違いがよくわかると思います!

―― そっか! いつもの曲で聴けばその違いがすぐわかりますね。

福山樹哉さん お気軽に、ぜひ一度足を運んでみてください!

自分のプレーヤーでお好みの曲を聴きながら選ぼう!
もっと見る

ニュース

アーカイブス